【2020年完全版】転職5回/転職エージェント出身者が最もおすすめする転職エージェント

【2020年完全版】転職5回かつ転職エージェント出身者が最もおすすめする転職エージェント

 




自身が転職を5回経験し、転職エージェントとして大手、外資系、中小で合計10年以上を経験した私が転職エージェントを選ぶ時のポイントをこちらで説明します!

【スポンサー】

 

転職エージェントの比較

転職エージェントに登録すると、まず面談の案内が届きます。

電話かメールで届くので、担当者と日程を調整し、面談を通して求人を紹介してもらうことになりますが、それぞれの転職エージェントには特徴があります。

この特徴を理解せずに転職エージェントの面談に行ってしまうと「自分が思っていたような求人がなかった」という展開になってしまいます。

私の経験上、転職エージェントの特徴を理解・比較した上で面談に臨むと、それぞれが得意とする求人や自分に合った求人を出してもらえる可能性が高くなります。

「自分がどのように求人を見たいか」「そのエージェントとどんな面談をすれば良いか」については下記です。

 

どの転職エージェントから応募するか重要

■Aという案件をBという転職エージェントから応募するとします。

Bという転職エージェントの対応が悪いとか情報をあまり持っていなかったという場合でもそのAという案件で、別の転職エージェントに変更することは優先権という観点から変更できません。

つまり、どの求人もどの転職エージェントから受けるのかということが非常に重要になります。ですので、その対応策としては、3つあります。

①転職エージェントに複数登録をする。
②転職エージェントとの面談ではその場で応募するとは言わずに猶予を必ずもらう。
③その転職エージェントの対応が丁寧か、情報を持っているかをしっかりと確認する

この3つをしっかりと確認した上で、応募手続きをとるようにしましょう!

 

その後のステップとなる書類選考、面接内容の情報や面接対策など、どの転職エージェントで受けるかによって、合格率が違うのです!(たぶんこれはほとんどの方が知らないと思います)転職は転職希望者にとって、非常に大きなターニングポイントです。転職は慎重に進めていくべきです。

そして、その中でも転職エージェント歴10年以上の私が独自に調査し、特に満足度が高いと評判のおすすめのエージェントを厳選してご紹介します!

具体的な転職エージェントの選び方についてこちらに記載していきます。

年齢層や経験している職種にもよりますが、基本的には「総合大手エージェント」「エージェントからスカウトが来る転職サイト(ややハイクラス層の場合)」「専門型エージェント」の3つのハイブリット型で活用することがお薦めです。また、合わせてみた方が良いサイトもピックアップしました。

 

総合大手エージェント①:リクルートエージェント


【公式サイト】https://www.r-agent.com

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

転職成功実績No.1.求人100,000万件を誇ります。人気の理由はやはり「知名度」と「求人数の多さ」。業界最大手だから間違いない、という転職者が大半です。また、非公開求人もマイページで検索できるのでとても便利です。転職活動時には必ず登録しておいてください。

登録はこちら(公式サイト)

総合大手エージェント②:DODA

【公式サイト】https://doda.jp

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

業界2番手とあって求人数も豊富です。リクルートエージェントと合わせることでほとんどの求人を網羅できます。「友人が利用したことがあって勧められた」という口コミも多くあります。ただ、転職サイトで求人を見る分には「転職人気企業ランキング」などもあるため非常に使いやすかったです。

登録はこちら(公式サイト)

総合大手エージェント③:マイナビエージェント

【公式サイト】https://mynavi-agent.jp

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

20代の若手層が「マイナビ転職エージェント」をメインに利用しています。履歴書や職務経歴書の添削を丁寧にやってくれたという口コミが多いです。
マイナビ転職は「スカウト機能」を使うのが良いです。たまに良い求人が出ます。マイナビエージェントは優しめな方が多いのでコミュニケーションが楽なのが特徴です。転職初心者や2回目の転職の人に向いています。

登録はこちら(公式サイト)




 

エージェントからスカウトがくる転職サイト①:ビズリーチ

【公式サイト】https://www.bizreach.jp

※基本的に無料ですが、一部有料部分がございます。

おすすめ度:

私も常に登録していて、転職活動時には必ず利用しています。総合大手の転職サイトに比べるとやや転職上級者向けで、年収600万以上の転職者に役立つ転職サイトです。
年収600万円を超えていないとスカウトメールなどが届かず、求人の検索もほとんどできません。
有料機能もありますが、無料期間中に使い切るのが良いです。現年収で500万以上の転職者は登録しておいて損なし。求人の質は高いです。
エージェントからのスカウトがくるのはもちろんですが、企業から直接ダイレクトスカウトがくることがあることも特徴です。

登録はこちら(公式サイト)

エージェントからスカウトが来る転職サイト②:AMBI

 

【公式サイト】https://en-ambi.com

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

エン・ジャパンが運営する若手のハイキャリア向けの転職サイトとなっておりますが、別にハイキャリアでなくても登録できます。年収500万円以上の案件も多数あるため、年収アップをしたい方はお薦めです。登録しておけば転職エージェントからスカウトが来ますので、市場価値などを試すことに使っても良いです。

登録はこちら(公式サイト)

 

エージェントからスカウトがくる転職サイト③:ミドルの転職

【公式サイト】https://mid-tenshoku.com

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

こちらもエン・ジャパンが運営する30代・40代向けの転職サイトとなっておりますが、こちらもハイキャリア感が出てはいますが、ハイキャリアではでなくても登録できます。登録しておけば転職エージェントからスカウトがきますし、転職エージェントを自分で探すこともできます。35歳以上の方はこちらへの登録は必須ですね。

登録はこちら(公式サイト)

専門型エージェント①:JAC

 

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp

 

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

JACは、外資系企業や大手グローバル企業に強いエージェントですので、語学力を活かしたい方やグローバルやダイバーシティの進んでいる企業への転職をご希望される方はこちらへの登録は必ずすべきです。日系の転職エージェントなので、外資エージェントのように外国籍のコンサルタントはあまりおらず、対応も非常に丁寧です。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

管理部門の専門型エージェント:MS-Japan


【公式サイト】https://www.jmsc.co.jp

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

※人事、経理、法務、経営企画、広報等の管理部門の領域で非常に評価も満足度も高い会社です

※「人材紹介企業のブランドに関する調査」2017年3月 実査委託機関:楽天リサーチ(株)

おすすめ度:

大手上場企業・外資系企業・優良ベンチャー企業の管理部門(人事総務、経理財務、経営企画など)または会計事務所・監査法人・法律事務所など、幅広いフィールドの求人があり、転職の相談を受けるアドバイザーの質も非常に良いとのことです。私もよくアドバイザーの方とお話をさせて頂く機会がありますが、いつも丁寧な対応をしてくれます。

 

登録はこちら(公式サイト)

 




 

転職サイトと合わせて見たサイト①:転職会議

【公式サイト】https://jobtalk.jp

おすすめ度:

働いていた人の口コミが見てると評判で、企業を受ける前に見ている人が多かったです。年収や働き方など、元々働いていた人たちの口コミが書かれているため「本当はどうなのか?」という内情を知れる便利なサイトです。

 

登録はこちら(公式サイト)

 

転職サイトと合わせて見たサイト②:ミイダス

【公式サイト】https://miidas.jp

おすすめ度:

職務経歴や経験・スキルなどの情報を入れると自分の市場価値を診断してくれ、適正年収を算出してくれます。AIを使った面白いサービスですので、ぜひお試しください。

登録はこちら(公式サイト)

 

最後に

いかがでしたでしょうか。これらの転職サービスをうまく活用して頂き、ご覧になって頂いた方の転職が少しでも成功されることを心より願っております。宜しければ、他の記事やブログもぜひご覧ください!

 

【あわせて読みたい記事】

◆元リクルート出身者が大手転職サイト3社を徹底比較|あなたに合った転職サイトの選び方【完全版】

◆【2020年完全版/第二新卒/未経験転職】プロが最もおすすめする厳選転職エージェント

◆【2020年完全版/女性向け】プロがおすすめする女性の転職に強い転職サイト/転職エージェント

◆【2020年完全版/40代向け】プロがおすすめする転職サイト/エージェントと内定獲得のための転職活動法

 

【スポンサー】






最新情報をチェックしよう!
>【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

転職活動をはじめる前の準備段階からどのように活動を進めれば良いか、転職エージェントのビジネスモデルや裏側などもお伝えをしながら、もう主流となりつつあるWEB面接の対策、そして内定から退職、入社を迎えるまで、私が持っているノウハウをすべて盛り込んだ内容となっております。

CTR IMG