【必見】市場価値を上げていくキャリアの築き方 〜あなたの転職目的は何か?〜

こんにちは。りくぱぱです。

今回は、市場価値を上げていくキャリアの築き方について、自分のキャリア感や実際に行なっている行動をすべて明らかにしながら、書いてみました。

まず、非常に重要な問いかけをします。

転職活動って何のためにするの?

画像1

皆さんは何のために転職するんでしょうか?
人によって色々あると思います。基本的に人の価値観や考え方は違うので、これが正解とか不正解はないと思っていて、労働環境が悪いから改善したいということを思うのであればそうすべきだと思うし、給与が低いからもっと欲しいと思うならそうすべきだと思うし、それはそれぞれなので、何も問題はないです。ただ、それが改善すればいいというだけでは足りないです。あとは希望を上げていくとあれもこれも満たしたいということになってきますよね。例えば、年収を上げたい、転勤はない方がいい、残業はできるだけ少なくしたい、副業ができる会社がいいなどなど。

この点で一つアドバイスができるとすれば、自分の希望を全て満たすことはできないので、自分にとって何が一番大事な軸なのかを考えるべきかということ。これは2つではダメです。一つだけあげるとしたら何かを追求することです。




次が非常に大事です。

転職先の基準が「投資」なのか「回収」ということです。

「投資」とは先行投資です。自分の新しいこれまでにない経験やスキルを積むという意味です。これはこれまでの経験を完全に生かすことはできないので、年収は一旦下がるでしょう。
「回収」は投資の反対ですね、これまでの経験を軸に、より活かし経験を増すという意味です。これは年収アップに繋がる可能性が高いです。経験を高く評価してもらえることがあるからです。

そもそもキャリアというものを考える上で、非常に大事だと思っている考え方は、価値を高めるということです。これがどういうことかということはこの記事をご覧ください。

 

画像2

自分を100万分の1のレアカード化させよ――藤原和博氏が語るAI時代にも価値を創出する働き方

 

とにかくこれからAI化が進み、誰でもできる仕事は無くなっていきます。そうすると、自分の価値を高めていかなければいけません。価値とはAIでは真似できないあなたにしかできないことです。そのためには、経験を掛け算していくことが必要です。つまり、先ほどの「回収」ばかりで転職していては、年収は上がるかもしれませんが、価値を高めていくことはできません。だから投資(新たな経験やスキル)を積んでいく必要があるということです。

藤原和博さん著書のお勧め書2選

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

Amazonで購入する     >

100万人に1人の存在になる方法 不透明な未来を生き延びるための人生戦略

Amazonで購入する     >




 

転職活動は常にしておくべき?

私は、転職活動中とかそうではないという垣根がありません。今の現状の私は実は、「リクルートでの営業及びマネジメント経験」と「人材紹介コンサルタントとしての経験」の次の3つ目の軸を探しています。ただ大事なことはこの3つ目はどんなことなのかは未知数であるということです。なので、転職エージェントはあまり使っていません(一応登録はしておりますが)。どういうことなのか説明して行きます。転職エージェントは基本的に経験に基づいて、求人提案をします。もちろん第二新卒も含めた20代の人であれば、未経験の求人はたくさんあるわけですから、転職エージェントに登録して活動してください!私はもう40歳手前です。未経験でやろうとする求人なんてなかなかないでしょう。しかも次どうするかが決まってないわけですから、相談には乗ってもらえるくらいはあるかもしれませんが、まぁあまりお互いにとって有意義な時間にはならないかなと思います。

 

ではどういう行動を起こしていけばいいの?

ではどうやってやるのということですが、基本的に自分のキャリアとできる限り遠い人と会うということです。例えば、私で言えば、大手で国内の営業や人材系の経験が長いのでそうではない人ですね。例えば、ベンチャー企業で働いている人やITエンジニア、海外を飛び回っている人、フリーで仕事をしている人ですね。

でも自分がどういう人かとか少なくともどんなことを求めているのかということがオープンでなければなかなか出会うことが難しいです。

そのために使っているものは、以下です。

LinkdIn

登録はこちら(公式サイト)

ビジネス用SNSです。特にFacebookやTwitterのように発信する必要はないですが、キャリア登録をして転職機会オープンにしておきましょう。転職エージェントからスカウトがきたり、変な外人からメッセージが来たり、怪しいビジネスの勧誘はもちろんありますが、たまに企業からダイレクトで連絡が来たりします。自分がどんなキャリアの人なのかを人に説明することも面倒なので、このURLとかを送ってしまうという使い方もできます。もちろん無料です。

Yenta

登録はこちら(公式サイト)

一応、審査はありますが、キャリアを丁寧に書けば通ります。こちらも非常に簡単に利用できます。毎日10名ずつこんな人興味ありますか?というものが来て、YesかNoで判断していくだけです。ものの30秒で終わります。こちらが興味を持った方が自分にも興味を持った場合にマッチングが成立し、やりとりが可能になります。ここで先ほどの軸で、今の環境では絶対に会わないだろうなという方にアプローチします。

Twitter

登録はこちら(公式サイト)

Facebookは基本的に会ったことがある人が多く、会ったことがなくても自分の近い関係でのコミュニティですが、Twitterはその外でのコミュニティなので、結構広くなります。ここでは自分が考えていることなどを発信していけば、それに興味を持ってくれる人がフォロワーになるでしょうし、こちらが興味あれば、リプライやDMで直接アプローチすることも可能です。

この3つは特にお勧めです!!!

今の世の中、著名人でもSNSはほとんどの人がやっていますし、経営者もしかり直接アプローチすることもできるし、イベントの告知などもしているから、自ら積極的にからんだり、行動すれば結構簡単に会えます。上記の3つを使うことで、経営者にも月2〜3人ペースで会っていたりしています。どこにチャンスが転がっているかわからないから、とにかく網をはることが大事かと思います。

 

画像3

上記が私が実践しながら考えていることやノウハウです。ひと昔前までは、1社で務め上げ、異動や役職を上げていくという選択肢しかなく、他の経験を積みたければ転職するしかないという時代でした。しかし今、働き方改革や副業解禁など、転職だけではない選択肢も増え、「投資」と「回収」を両立しながら働くことができる時代に突入しました。つまり、働く選択肢が増えているということはキャリアを考え、自ら切り開いていかなければいけません。誰もあなたのキャリアを守ってくれる人はいません。より自由になるということはそういうことです。でもチャンスは腐るほどあります。眠っています。だから、それを見つけに行きましょうと。ワクワクしませんか?私はワクワクします。

 

転職を考えている人もいない人も、日常に少しでいいので、変化をさせ、自分のキャリアを自分で切り開いて行きましょう!

【2020年完全版】転職5回/転職エージェント出身者が最もおすすめする転職エージェント




最新情報をチェックしよう!
>【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

転職活動をはじめる前の準備段階からどのように活動を進めれば良いか、転職エージェントのビジネスモデルや裏側などもお伝えをしながら、もう主流となりつつあるWEB面接の対策、そして内定から退職、入社を迎えるまで、私が持っているノウハウをすべて盛り込んだ内容となっております。

CTR IMG