【必見!面接合格を勝ち取れ】コロナウィルスで主流となったWEB面接で準備するべき5つ

WEB面接で面接合格を勝ち取るための準備すべきこと5つ

 

新型コロナウィルスの影響で、緊急事態宣言が出された後は、どの企業もWEB面接を導入されています。通常の対面面接よりも事前準備が重要です。WEB面接と言われてもはじめてで緊張する、どんな準備をすればいいのだろうと思わられる方も多いでしょう。そのように不安になられている方向けにこの5つだけ準備すれば安心ということをシンプルに解説します。

 




 

 

1、よく使われるオンラインのアプリをパソコンとスマホ両方ダウンロード
2、事前にカメラ写りをチェックする
3、カメラのレンズは面接官の目
4、面接中にカンペは見ない

 

よく使われるオンラインのアプリをパソコンとスマホ両方ダウンロード

 

よく使われるオンラインのアプリをパソコンとスマホ両方ダウンロードしておきましょう。なぜかというと、パソコンで繋がらない、音声が悪いとなった際にすぐにスマホに切り替えられるようにしておきましょう。※念の為、イヤフォンも忘れずに。

これだけはおさえておくべきよく使われるアプリ:Zoom、Googleハングアウト、Whereby

※必ず事前にダウンロードしておきましょう

 

事前にカメラ写りをチェックする

 

面接で第一印象が重要であることは皆さんご承知の通りかと思いますが、WEB面接においても同様です。簡単なところではスマホのカメラアプリを起動して、インカメラを使って映り方を事前に確認また背景ですが、窓を背にしてしまうと、顔が暗く映りやすいです。窓が正面や横にあれば、顔に自然な光があたるので、良いと思います。

特に自分の後ろに写っているものなどは丁寧に確認しておきましょう。服装は業界にも寄りますが、ラフな感じで大丈夫なのであれば、やはり白っぽい服のほうが顔色はよく見えます。また、YouTubeやInstagramなどの撮影で使われるようなリングライトを使うのも金額としてはお手頃なので、良いと思います。

※私も利用していますが、顔が明るく見えて非常に相手に与える印象もよくなると思います。

LEDリングライト ELEGIANT RGB 10色10段階調光モード 高輝度照明 外径8インチ 360度回転可能 USB卓上スタンド 自撮り補光/美容化粧/ビデオカメラ撮影/生放送/YouTube/Facebook/Twitter

 

カメラのレンズは面接官の目

 

WEB面接だと相手の画像上の顔を見がちですが、面接官からすると下を見ているように見えます。少し最初は違和感があるかと思いますが、カメラのレンズが面接官の目だと思って話すと、目線を合わせて話しているという風に見えますので、意識してください。

 

面接中にカンペは見ない

 

WEB面接だとカンペを手元においておいてもわからないから、不安で用意したくなる気持ちはわかりますが、通常の対面面接では使用できないものですし、面接官から見ると、カンペを見ている場合はすぐわかります。面接は基本コミュニケーションなので、会話を意識して通常の対面のように対応しましょう。

 

いずれにしてもWEB面接にトラブルはつきもの。時間に余裕を持って準備をすることや緊急連絡先などもしっかりと確認しておきましょう。焦るとせっかくの面接も力を発揮できなくなるので、念には念を入れて事前準備を怠らないようにしましょう!

 

直接面接対策をしたいならこちら

完全保存版!面接マニュアルが欲しい方はこちら

 



最新情報をチェックしよう!
>【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

転職活動をはじめる前の準備段階からどのように活動を進めれば良いか、転職エージェントのビジネスモデルや裏側などもお伝えをしながら、もう主流となりつつあるWEB面接の対策、そして内定から退職、入社を迎えるまで、私が持っているノウハウをすべて盛り込んだ内容となっております。

CTR IMG