元リクルート出身者が大手転職サイト3社を徹底比較|あなたに合った転職サイトの選び方【完全版】

元リクルート出身者が大手転職サイト3社を徹底比較|あなたに合った転職サイトの選び方【完全版】

 

転職活動をこれから始めようと思っているあなた、こんなお悩みはございませんか?

 

「転職サイトはたくさんあるけど、結局どれを選べばいいの…?」

「転職サイトごとの強みや違いって何…?」

「コロナで外出自粛の中、そもそも転職活動ってできるの…?」

 

この記事では、大手総合転職サイト3社を徹底比較して、これから転職活動を始めようと思っているあなたの不安や悩みを解消できるような、あなたにあった転職サイトの選び方がわかる解説をしていきます!

ぜひ、この記事を参考にして、コロナに負けず前向きに転職活動を進めていってくださいね。

 




 

あなたに合った転職サイトを選ぶコツ

これから転職活動を始めようと思っているあなたにとって、どの転職サイトを利用するかは一番はじめに直面する課題です。

そこで、この章では、自分に合った転職サイトを選ぶコツをご紹介します。

ポイントは、

転職サイトは転職ステータスに合わせて利用しよう

転職サイトの特徴を理解しよう

になります。

以下で、それぞれについて詳しく説明していきます。

転職サイトを転職ステータスに合わせて利用しよう

 

 

転職活動を進めていくのにあたり、やるべきことは変わっていきます。

転職活動の流れは大きく分けて以下の5つのステップです。

  1. 転職活動の準備
  2. 応募書類の作成
  3. 求人に応募する
  4. 面接をうける
  5. 内定・退職の手続き

自分の転職ステータスによって、いま何をすべきかを見極めることが重要になってきます。

それは、転職ステータスによって、やるべきことが変わってくるためです。

たとえば、「履歴書・職務経歴書の書きかがわからない」という方であれば、履歴書・職務経歴書の書き方を教えてくれる丁寧にわかりやすく教えてくれる転職サイト選ぶほうがいいです。

また、「具体的にいきたい業界や職種が決まっている」という方であれば、その業界や職種に強い転職サイトを利用したほうが、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

このように、一見なかなか違いがわかりづらい転職サイトですが、それぞれの転職サイトに絶対利用したほうがいい!おすすめなコンテンツや標準機能がたくさんがあります。

そのため、あなたの転職ステータスにあわせて、利用すべき転職サイトを選ぶようにしましょう。

 

転職サイトの特徴を理解しよう

 

次に考えたいのが、どの転職サイトにどのような特徴があるかです。

前述したように、転職サイトによっておすすめのコンテンツや機能が異なるため、あなたにあった転職活動をすすめていくためには、転職ステータスにあわせた転職サイトを使うことをおすすめします

そうはいっても、たくさんの転職サイトを手当たり次第に登録すると、かえって煩雑になってしまいます。

目安としては、23つの転職サイトに絞って転職活動を行うことをおすすめします。

そこで次章では、転職活動を行うなら、多くの方が利用する大手総合転職サイト3社をピックアップします。

それぞれの特徴を比較するとともに、どんな人におすすめかをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

大手総合転職サイト3社を徹底比較

それではこの章では、大手総合転職サイト3社に絞って、「ターゲット」「会員数」「エージェントサービス」「コンテンツ」「エリア対応」を軸に比較していきます。

  ターゲット層 会員数 求人数 エージェント

サービス

コンテンツ エリア対応
リクナビNEXT

20代前半~20代後半

非公開求人数

doda

20代半ば~30代半ば

求人原稿数

マイナビ転職

20代前半~20代半ば

 

大手ならではの安心感|リクナビNEXT

 

 

会員登録NO.1を誇る日本最大級の転職サイトリクナビNEXTです。

求人件数・会員数ともに業界トップクラスで、転職サイトも非常にわかりやすくメインで利用するのにおすすめです。

【強み】

転職エージェントによる非公開求人の量と質

転職エージェントサービスに登録をすると、転職エージェント利用者限定の非公開求人を紹介してもらうことができます。

非公開求人は転職サイトから応募ができる求人原稿とは異なり、転職エージェントサービスの利用者のみ受けられるサービスです。利用するメリットとしては、自分にあった求人を転職エージェントに見つけてもらうことができる点です。

リクナビNEXTはこの非公開求人の圧倒的な量と質を誇るため、リクナビNEXTを利用する際はぜひ転職エージェントサービスに登録し、非公開求人を紹介してもらってください。

こんな人におすすめ

  • どの転職サイトを利用したら良いか分からない方
  • まずは大手の転職サイトに登録したいという方
会社名 リクナビNEXT
運営会社 株式会社リクルートキャリア
求人数 38,906件(2020年5月末現在)
会員数 約916万人

 

【公式サイト】https://next.rikunabi.com

登録はこちら(公式サイト)

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

 

転職エージェントサービスを標準装備|doda

 

 

オリコンランキングで20代の選ぶ転職サイト満足度NO.1に選ばれた、パーソルキャリアが運営する転職サイト「doda」です。

転職エージェントを活用して、効率的に転職活動を行いたい方におすすめです。

【強み】

転職エージェントによる圧倒的なサポート体制

転職エージェントサービスのサポート体制がとても良く、非公開求人紹介や、応募書類作成・面接対策アドバイスなど、経験豊富なキャリアカウンセラーによる親身なサポートが受けられます。

こんな人におすすめ

  • 転職エージェントと相談しながら転職活動をすすめていきたい方
  • 転職サイトの検索機能やスカウトメールを利用して、自分から積極的に企業へ応募ができる方
サイト名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
求人数 59,154件(2020年5月末現在)
会員数 約500万人

 

【公式サイト】https://doda.jp

登録はこちら(公式サイト)

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:

 

転職ノウハウコンテンツが充実|マイナビ転職

 

多くくの学生が利用している新卒向け就職情報サイト「マイナビ」の転職版サイト「マイナビ転職」です。

特に、20代・30代の若いビジネスマンからの人気が高い転職サイトです。

また、未経験者でも挑戦できる求人が多いのも特徴です。

【強み】

初めての転職活動でも安心な充実した転職ノウハウ

若手社会人に多く利用されているため、履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策など、転職活動に役立つ豊富なコンテンツが用意されています。

また、初めて転職活動を行う方でも戸惑わないように、「転職活動の始め方」に関する情報も充実しています。

【おすすめコンテンツ】

キャリアアドバイザーのサポートが受けられる「転職MYコーチ」

転職サイトとしては珍しく、プロのキャリアアドバイザーが無料で、「WEB履歴書の書き方」・「希望条件に合った求人紹介」・「面接対策」をしてくれるサービスです。

自分1人では解決しづらい悩みをサポートしてくれるので、転職活動を行う方には心強いサービスです。

こんな人におすすめ

  • 学生時代に「マイナビ」を利用していた20代・30代の若手社会人の方
  • 初めて転職活動を行う方など、転職活動に関するノウハウを知りたい方
会社名 マイナビ転職
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 7,100件(2020年5月末現在)
会員数 約500万人

 

【公式サイト】https://tenshoku.mynavi.jp

登録はこちら(公式サイト)

※料金は一切かかりませんので、ご安心ください。

おすすめ度:




 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

この記事では、転職活動を始めようとしている方向けに、大手転職サイト3社を比較しました。

改めてポイントを整理すると、

  • 転職サイトの特徴を理解した上で、あなたの転職のステータスに合わせて利用する
  • 転職サイトは、平均2~3社を目安に使ってみよう

になります。

ちなみに、「2. 大手総合転職サイト3社を徹底比較」で各社の強みを解説しましたが、

私の超個人的な【完全版】転職サイトの利用方法をまとめると、

 

✅転職活動の準備

各サイトの中で良さそうな自己分析ツールを1つ受けておく

※こちらは各サイト診断結果に大差はないので好きなサイトでOKです

 

✅応募書類の作成

◆マイナビTVキャリアで「自己分析」「履歴書・職務経歴書」を受講する

※この転職セミナーがとてもわかりやすくアーカイブでも過去にライブ配信したものがいつでも見られるのでとてもおすすめです。

→申込みはこちらから

◆マイナビMYコーチで添削を依頼する

※履歴書コーチはひとりあたり1回までしか利用できませんが、一度プロに添削をしてもらうだけで応募書類が見違えり自信をもって企業に応募できます。

→申込みはこちらから

◆元リクルートこの記事を書いてる人に直接添削を依頼する

→申込みはこちらから

 

✅求人に応募する

◆リクナビNEXTの転職エージェントサービスに登録し、希望の求人を紹介してもらう

→申込みはこちらから

◆dodaの転職エージェントサービスに登録し、転職の相談やサポートを依頼する

→申込みはこちらから

◆マイナビの転職エージェントサービスに登録し、転職活動をどう進めていくか相談する

→申込みはこちらから

 

✅面接をうける

◆リクナビNEXTの面接力向上セミナーに参加する

→申込みはこちらから

◆元リクルートこの記事を書いてる人に直接面接対策を依頼する

→申込みはこちらから

 

✅内定・退職の手続き

各サイトの中の内定・退職ノウハウを確認しておく(もしくは転職エージェントに退職の流れを教えてもらう)

※こちらは各サイト診断結果に大差はないので好きなサイトでOKです

 

以上となります!

ぜひ参考にして、ご自身の転職活動に最適な転職サイトを選んでくださいね。

 

※あわせて読みたい記事

【2020年完全版】転職5回/転職エージェント出身者が最もおすすめする転職エージェント

 




最新情報をチェックしよう!
>【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

転職活動をはじめる前の準備段階からどのように活動を進めれば良いか、転職エージェントのビジネスモデルや裏側などもお伝えをしながら、もう主流となりつつあるWEB面接の対策、そして内定から退職、入社を迎えるまで、私が持っているノウハウをすべて盛り込んだ内容となっております。

CTR IMG