コロナや不況にも強いSaaS企業!ところでSaaSって何?注目されている理由を解説!

コロナや不況にも強いSaaS企業!ところでSaaSって何?注目されている理由を徹底解説!

近年ビジネスシーンで特に注目されている「SaaS」という言葉、そのビジネスモデルをご存知ですか?

SaaSはこれからのビジネスの中心となることが確実であり、いま必ず知っておくべき知識です。

このコロナ禍や不況がくるかもしれないという中にもおいてもSaaS系の会社は、急成長中で採用も積極的に行なっているケースも多いです。

この記事では、SaaSの概念や特徴、種類をはじめ、SaaS業界の将来性や関連するサービスなどを解説します。

この記事を最後まで読んで頂けると、SaaSの全体像が見えるようになりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 




 

「SaaS」とは何か?

 

SaaSとは、Software as a Service(サービスとしてのソフトウェア)のことで、クラウド上で提供されるソフトウェアのことを言います。

ちなみにクラウドとは、「クラウドコンピューティング」の略称で、パソコンに保存されたデータやアプリではなく、インターネット上でサービスを使用することです。

これまでユーザーは、ソフトウェアを自分が所有するデバイスにダウンロードすることでサービスを利用できていましたが、SaaSの登場によりネット上(クラウド上)で全て完結するようになりました。

どういうことかというと、ユーザー側にソフトウェアをインストールするのではなく、ベンダー(プロバイダ)側でソフトウェアを稼働させ、ユーザーはネットワーク経由でソフトウェアの機能性を活用します。これまでパッケージ製品として売られていたものがインターネット経由で利用できるようになったものと考えて良いでしょう。

例えばGmailなどのメールサービスや、ブログサービス、Salesforceなどのサービスがこれに当たります。目的をすぐに達成できるという意味で便利です。

 

「SaaS」の特徴は何か?ということに対しては、主に以下の2つをあげることができます。

1)インターネット環境があればどこからでもアクセスできる

ソフトウェアはクライアントのアカウントごとに提供されているため、オフィスだけでなく、自宅や外出先からもアクセスが可能です。また、デバイスが違ってもアカウントが同じであれば、同じサービスを利用することができ、リモートワークなどの働き方にも大きな影響を与えています。

 

2)複数のチーム・複数の人数で編集や管理ができる

ドキュメント編集機能、ストレージ機能が搭載されている「SaaS」では、複数のチームや複数のユーザーで同時にデータの管理・編集ができます。ひとつのファイルを共有し、同時に管理・編集できることは、パッケージ型のソフトウェアにはない大きな特徴と言えるでしょう。

 

SaaSは驚異的に市場規模を広げており、デジタルマーケティングなどの領域を中心に年間成長率は10%を超え、2023年には市場規模約8200億円になるとも言われている巨大マーケットです。

 

SaaSの他にも似た用語である 「IaaS」「Paas」「DaaS」とは何か?

SaaSに通ずるサービスとして「IaaS」「PaaS」「DaaS」の3つがあります。SaaSとともに重要な概念なため、ここで覚えておきましょう。

 

◆IaaS(Infrastructure as a Service・イアース)

IaaSは、サーバーやストレージ、ネットワークなどのハードウェアやインフラを提供するサービスのこと。SaaSはアプリケーションまで一括して提供するのに対し、IaaSはハードウェアやインフラのみと限定的です。

 

◆PaaS(Platform as a Service・パース)

システムの開発領域やプラットフォームの提供をメインとしているPaaS。SaaSやIaaSなどと違い、一般ユーザーが使用することは少なく、法人利用が中心のためあまり聞き覚えがないかもしれません。

AWSやMicrosoft Azureなどが代表的な例で、つまりアプリケーションを稼働させるためのハードウェアやOSといったプラットフォームを一括して提供するサービスのことをいいます。

◆DaaS(Desktop as a Service・ダース)

DaaSとは、デスクトップの環境をクラウド経由で利用するサービスをいいます。いわゆる仮想デスクトップというもので、本来は同じネットワーク内で行うことが一般的ですが、DaaSであればクラウド上で行うことが可能です。

 

 

「SaaS」が注目されるようになった背景

 

SaaSが広まった背景には、下記の3つの理由があります。

1、サブスクリプション型ビジネスの普及
2、ベンダー企業と顧客の双方にメリットがある
3、IT・インターネットの技術革新

 

1、サブスクリプション型ビジネスの普及

サブスクリプション型ビジネスとは、ユーザーが必要な時に必要な分だけ料金を支払って利用するビジネスモデルのことです。

クラウド上でサービスを提供するSaaS事業はサブスクリプション型ビジネスそのものです。

SaaSという言葉が使われ始めたのは2006年ころですが、近年のWebテクノロジーの発達に伴い、BtoC・BtoB問わず、さまざまなビジネスがこのサブスクリプションモデルへと移行する流れが見られるようになり、SaaSの市場規模は拡大し続けています。

 

2、ベンダー企業と顧客ともにメリットがある

ベンダー企業は、随時サービスを改善して最新のバージョンをユーザーに届けることができます。また顧客の満足度を高め、継続契約に繋げることで収益の安定化が見込めます。これによって収益の予測可能性が上がり、長期的な視点に立って事業を運営することもできるでしょう。

顧客としては、初期コストが低く、利用したい分だけ決めて少額で始めることも可能なため、オンプレミス型に比べて導入のハードルが下がります。また随時アップデートが可能で最新のものを利用できることもユーザーにとって有難いことでしょう。

つまり、顧客にとってのメリットとなることや満足度の向上がベンダーの利益に繋がるということです。

 

3、IT・インターネットの技術革新

技術革新によってクラウドサービスが広く提供されるようになり、ほとんどのユーザーにとってインターネットが当たり前の存在となり、若者を中心にデジタルサービスを積極的に活用する時代になっています。

高い技術力を持つ企業や先進的な企業以外でもSaaS事業に取り組めるだけの技術インフラの環境が整ってきたのです。

 




 

「SaaS」には「Horizonal SaaS」と「Vartical SaaS」の2種類がある

 

1、 Horizontal SaaS

「Horizontal」は水平を意味し、Horisontal SaaSは、どの業界でも幅広く同じように活用できるサービスです。

このことから、取引先と同じSaaS系ツールを使用していた、転職先でも同じだったということがよくあります。

勤怠管理ツールやMAツールなどが例に挙げられ、「人事部向け」「マーケティング部門向け」などもあります。

 

2、Vertical SaaS

一方で、垂直を意味するVertical SaaSは、業界特化型SaaSとも呼ばれ、業界特有の課題を解決することに重きを置かれた特定の業界向けのSaaSのことをいいます。

例えば、建設業界の施工現場の状況を一括管理するサービスや介護現場の経営業況を一括管理するサービス、医療業界の歯科医院向けの予約管理サービスなどがあります。

問題意識が明確であれば非常に効果を発揮しやすく、特性がハッキリとしている古くから続く企業やレガシー業界には風穴を開けるような課題解決も期待されています。

 

急成長中の「SaaS業界」が求める人材とは?

 

市場規模が高まる一方のSaaS事業は、IT系に限らず、あらゆる業界やビジネスと親和性が高いです。

それに伴って人材需要も高まり、実際に、エンジニア、マーケティング、インサイドセールスなどさまざまな職種で募集が行われています。

では、SaaS業界はどんな人材を求めているのか?

まずは、目先の利益ではなく、将来的な利益と持続的な成長を求める投資家的な観点が不可欠です。今後のテクノロジーの可能性を見出し、それに働きかけることのできる人とも言えます。

また継続的にサービスを契約してもらうことが重要なSaaS業界では、顧客とコミュニケーションをとり、長期的で良好な信頼関係を築ける人間性も重要となります。

さらには、顧客のニーズを汲み取って常時サービスを改善し続ける必要があるため、課題を発見し、どうしたら顧客の利益に繋がるのか考え提案する力も求められます。

つまり、知的好奇心を持って相手の課題解決に取り組み、相手目線に立った誠実な提案ができる人材にとって、チャレンジする価値のある業界だと言えます。

 

いかがでしたでしょうか。

もし興味があれば、転職エージェントがより詳しい情報を持っているかと思うので、ぜひ情報収集してみてください。

今がチャンスです!

【2020年完全版】転職5回/転職エージェント出身者が最もおすすめする転職エージェント

最新情報をチェックしよう!
>【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

【約2万文字】不況期でも転職活動成功のためのバイブル完全保存版 〜全14章〜

転職活動をはじめる前の準備段階からどのように活動を進めれば良いか、転職エージェントのビジネスモデルや裏側などもお伝えをしながら、もう主流となりつつあるWEB面接の対策、そして内定から退職、入社を迎えるまで、私が持っているノウハウをすべて盛り込んだ内容となっております。

CTR IMG